プランク1分がきついので、膝付プランクからチャレンジしてみる

プランクの記事ロゴ
スポンサーリンク

※記事内のリンクには広告を含みますが、正直にまとめた内容です。ぜひご参考になさってくださいね。

まあや

プランクにいざチャレンジしたら、1分がきつすぎる。

少し前にそんな思いにかられた30代女性です。

こんにちは。

私の周りの年配の方でプランクを1分やられる方がいるんです。

そのため、私も「やってみよ~」と軽い気持ちで挑戦したら「あれ…できない。うそ、どうして」

ショックすぎて言葉になりませんでしたが、せめてこれくらいはできないときっとまずいよね。

と思いせっかくやるならと調べたことや、自分のモチベーションアップに記録に残します。

これからやろうと思われている方、ぜひ一緒にがんばりましょ~。

目次
スポンサーリンク

プランクで鍛えられる筋肉や効果

プランクのイメージ画像

「プランク」とは上記のような姿勢を一定時間保つ自重でできる運動です。

体感トレーニングの代表的なメニューともなっています。

鍛えられる筋肉は以下の通り。

プランクはお腹の中心「腹直筋」と「腹横筋」が鍛えられます。

これらが鍛えられると、ウエストを引き締めたり、すっと立つことができるようになり猫背の改善にもつながると言われています。

どこに効くのかを理解していることは実はとても重要です。
効いている部位を意識するだけで筋トレ効果が高まるそうなので、意識しない理由はないですね。

まあや

お腹周りの筋肉がアップすると、便秘解消にもつながりますね!
私は、ひそかにこれに期待しています。

主な効果は以上ですが、プランクの効果は他にもあると言われています。

・背中の筋肉が鍛えられる
・腰の筋肉が鍛えられる
・首の筋肉が鍛えられる
・基礎代謝が高まる

プランクは体幹を鍛えるトレーニングというだけあって、姿勢を維持する様々な部位に効果があるようです。

その分、腰痛など痛みを抱えている方は注意が必要ですので体の状態を確認しながらがよいですね。

プランクによって鍛えられるとされている腹直筋は、比較的大きな筋肉です。

大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝の向上も期待できます。

スポンサーリンク

プランクのやり方

プランクの正しいやり方

【プランクの正しいやり方】
①両肘を床につけてうつぶせになる
②体幹を意識しながら腰とお尻を浮かせる
③頭・背中・腰・かかとが一直線になるようにして一定時間キープする

上のイラストの悪い例では、お尻が上がっていたり下がっていたりして一直線になっていないため、効果がきちんと得られなくなってしまいます。

その他、顎を引いて顔をあげすぎないのもポイントです。

首を痛める原因になってしまいます。

プランクの語源は英語で「厚板(あついた)」を意味する「plank」。
手足で身体を支え真っ直ぐ硬直させる姿を表しています。

語源からも、身体を一直線にすることが重要なことがわかりますね。

スポンサーリンク

私の場合~膝付きプランクからはじめてみる~

初挑戦、プランク1分がきつい

冒頭にもお話しましたが、軽い気持ちで影響を受けプランクに初挑戦した私。

すると、あれ全然できない。

実際には、20秒あたりからプルプルと体や腕が震え始め、必死でこらえながらの40秒が限界。

30秒を何セットか繰り返すことを推奨しているものもありましたが、何とか1分を目標に頑張ることを決意しました。

まあや

腕力がない私には、腕の負荷もかなりきつかったです。

まずは膝付きプランクから始めることに

プランクを初回40秒できたのですが、30秒も必死な状態でこれを毎日できるとは思えません。

筋力をつけるには何はともあれ習慣化することが大事です。

より初心者向けの膝付プランクから初めてみることにしました。

膝つきプランクのイメージ画像

膝付プランクのイメージはこちらです。

頭・背中・お尻が一直線になるように意識するのはプランクと同じです。

このほうが負荷もちょうどよいため、こちらを毎日30秒×1セットやることを習慣化しようと思います。

ひとまず1か月、3か月後くらいにプランクを1分できることを目標にしたいと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次