ベビービョルンのスタイは食洗機で洗える優れもの!出産祝いにもおすすめ

ベビービョルンのスタイのタイトルロゴ

”スタイ”は子育て中の必須アイテムです。

まあや

でも、スタイ選びって種類やデザインがたくさんあって迷いませんか?

値段も様々な中、今回取り上げる”ベビービョルンのスタイ”は1個1000円以上!

買って失敗したくはないですよね。

ベビービョルンのスタイは食洗機で洗うこともでき、食洗機をお持ちの方には本当に便利です。

個人的にはあってよかった、おすすめしたい商品なのですが、一方でデメリットもあります。

2人の子育てをしながら、ベビービョルンのスタイを使用した感想などをまとめましたので、スタイ選びの参考になれば幸いです。

目次

ベビービョルンのスタイは2種類のサイズ展開!

ベビービョルンをつける子どもたち
出典:ベビービョルン公式サイト

ベビービョルンのスタイはサイズが2種類あります。

素材などは同じで主に商品全体の横幅と縦の長さが異なります。

ベビービョルンのスタイはいつから使える?

スモールスタイは、離乳食初期の5~6か月頃から使用できます。

ベビースタイは5~6か月から使用できますが、12か月頃からの使用がオススメです。

我が家で使用していたのは”ベビースタイ”のみになります。

ベビースタイの推奨は約12か月頃からとなっていますが、8か月頃から使用していました。

まあや

ベビービョルンのスタイは首まわりの調節が自由自在なので、使おうと思えば正直、何か月からでも使用できるのです。

ですが、ベビースタイを8か月の息子につけると、やっぱりまだ椅子やテーブルにぶつかってしまい浮き上がってしまうため、使いにくいですし嫌がられてしまいます。

テーブルを離した状態でバンボや子ども用の椅子に座らせて使用するなら浮き上がることはないですが、身体へのフィット感は薄いです。

ですので、8か月頃から使用するには他のスタイとシーンごとに使いわける必要が出てくるため、やはり推奨する12か月頃からの使用がオススメです。

ベビービョルンのスタイの特徴は?

それではベビービョルンのスタイの特徴は何なのか、メリット・デメリットの視点でまとめてみました。

ベビービョルンのスタイを使用するデメリット

デメリットを示す画像

メリットの多いベビービョルンのスタイですが、デメリットもゼロではありません。

持ち運びしにくい

ベビービョルンのスタイは優れた形状記憶を維持しており、丈夫な固い素材です。

それ故に、折りたたむことができません。

そのため、お出かけ先へ持っていったり、保育園用のスタイとして使用するには無理がありますので自宅用で使うのが無難です。

まあや

ミニサイズは使用したことがありませんが、こちらも同じ素材なので持ち運びには向かないかもしれませんね…。

子どもに嫌がられることがある

口コミでも見かけますが、ベビービョルンのスタイを嫌がるお子さんはいらっしゃるようです。

これも形がしっかりしてるが故に、手がぶつかったり、スタイをしている感覚があるのがあるのかなと思っています。

3歳の我が子は2歳後半ごろからベビービョルンのスタイを嫌がるようになりました。

ですが、1、2カ月後にはほかのメーカーの一般的なスタイも嫌がるようになったため、ベビービョルンのスタイを特別してくれなかったという認識はありません。

ベビービョルンのスタイを使用するメリット

メリットを示す画像

ベビービョルンのスタイを使用するメリットはたくさんあります。

食洗機で洗うことができる!

ベビービョルンのスタイは食洗機で洗うことができます!

これは私がベビービョルンのスタイをオススメしたい一番の理由です。

友人からは聞いていましたが、自分で子育てしてみてこんなにも毎日慌ただしいとは思ってもみませんでした。

できれば、洗い物は少しでも減らしたいところです。

まあや

幼い子がいると洗い物ばかりで手荒れもひどくなる一方なので、食洗器で洗えるのって本当に助かるんです。

汚れを水で流して、食洗機に入れれば他の食器と一緒に乾燥まで済んでいます。

スタイは軽いので食器の上にのせるだけで大丈夫なため、余計に場所をとることもありません。

食洗機をおお持ちのご家庭には、ベビービョルンのスタイは1個あると重宝するのではないでしょうか。

丈夫で長持ち!

ベビービョルンのスタイの全体

ベビービョルンのスタイはとても丈夫です。

”熱可塑性エラストマー”という素材だそうで、これについては詳しくわからないのですが、とにかく耐久性に優れています。

写真は我が家で実際に使用しているベビービョルンのベビースタイになります。

長男が1年半くらい使用して、今は9か月の次男が使用していますがこの通り、傷も目立たず、まだまだ使える状態です。

まあや

食洗器でしっかり洗っているのに、形状も変わらず目立つ傷もつかないなんて本当に丈夫ですよね!

ちなみにサンプルでも頂くような柔らかいビニール素材のスタイは、マジックテープがつかなくなったり、あまりにも汚くなってしまったり、縁のテープ部分にカビが生えてしまったりして、何回か買い替えるに至っています。

おさがりにもできる使えるベビービョルンのスタイは本当に丈夫だと思います。

首まわりの調節が可能

ベビービョルンのスタイの首回り

ベビービョルンのスタイは首回りの調節部分が、丸い真珠型が連なった形状をしており、長さが自由に調整できます

一般的なスタイは、スナップやマジックテープなどのため、調整が限られているのが普通です。

スタイを使う離乳食期は、子どもの成長期でもあり合うサイズはどんどん変わっていきます。

首回りがキツイのはもちろん問題ですが、開きすぎもそこから液体などがまわって服が汚れてしまうため、常に子どもに合ったサイズを使用するのが理想です。

それを満たしてくれるのがベビービョルンのスタイになります!

また、マジックテープは素肌に当たると嫌がる子どももいるかもしれませんが、ベビービョルンのスタイは肌にも優しくできています。

食べこぼしをしっかりキャッチしてくれる!

ベビービョルンのスタイのポケット

ベビービョルンのスタイは形状記憶がしっかりとしています。

折り返しタイプのスタイやシリコンの柔らかいスタイは、スタイにポケットがついていても食べ物が外に出てしまうことが多々あります。

それでズボンが汚れてしまったり、床が汚れてしまい掃除しなければいけなくなってしまいます。

それに比べて、ベビービョルンのポケットはしっかり広がっており、食べ物をキャッチしてくれる範囲がかなり広いです

また、スタイがカーブした形状になっているため、身体にもフィットしやすくよりお子さんが食べやすくなるように考えて作られています。

まあや

手づかみ食べが始まると、本当に食べこぼしが増えるのでポケットの大きいベビービョルンのスタイが役立ってくれます。

我が子はこのポケットに落ちたものも自分で拾って食べているくらいです。

カビがはえにくい!

低価格で販売されているビニール素材のスタイは縁にバイアステープが使われていることが多いです。

子育てをしていると使用後すぐにスタイを洗うことができないこともあります。

しばらくしてから洗うということを繰り返していると、このバイアステープの部分にカビがはえてきてしまうのです。

まあや

私はこの流れでカビができてしまい、破棄したことが何度かあります。

その点、ベビービョルンのスタイはカビ知らず。

洗うのが遅くなっても大丈夫なのは助かります。

\ 北欧のおしゃれグッズをチェック!/

※ 記事作成時、ラッピングは新サービスへの切り替え中とのことで一時的に停止しているようですので、ご希望の方はご自身でもお問い合わせなどから確認してみてくださいね。

ベビービョルンのスタイを使用した感想

我が家のベビービョルンのスタイの収納場所
我が家ではこのように冷蔵庫横にかけてスタンバイしています!

ベビービョルンのベビースタイを現在3歳の長男に1年半程度、現在9か月の次男に1か月程度使用しているところですが、総合的に見ておススメです!!

一番はスタイをつけている子どもの姿が何より可愛いというところですが、その上で機能性に優れているのが素晴らしいです。

我が家は長男が離乳食期のときに、食洗器のある現在の自宅へ引っ越ししました。

それまでは手洗いでベビービョルンのスタイを洗っていましたが、干している姿もかわいいですし、乾きが早いので毎食時に使用できます。

食洗器対応というのはとても便利ポイントですが、食洗器がないお住まいの方でも、食べこぼしのキャッチや丈夫さ、乾きの早さに優れ長期間使用できるという点からオススメなのではないかと思います。

ただ、他のお食事スタイに比べると少し値段が高く、嫌がってしまう可能性も考えると自分で購入するのを躊躇してしまう方もいるかもしれません。

そう考えると、出産祝いでいただけるのは嬉しいですね。

まあや

私も自分で使ってよかったので、出産祝いとして友人に送ったことがあります!

Amazonでの購入が一番お安いようですよ↓

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる