立沢公園の水遊びはいつからいつまで?噴水の運転時期はこちら!

立沢公園の噴水運転時期のタイトル

立沢公園といえば、守谷にある数少ない噴水のある公園ですね。

我が家の子は、まだ幼いのでこちらの噴水でも十分に水遊びを楽しんでいます!

まあや

水の出が強くさくて小さなお子さんにもちょうどよいです。

そんな立沢公園での水遊びができる噴水が出ている時期は一年中ではありません。

自分への健忘録もかねて、立沢公園の水遊びができる時期などについてまとめました。

目次

立沢公園の噴水って?

立沢公園の噴水外観

新守谷駅からまっすぐ西へ大通りを進むと右手にある守谷テラス。

こちらに隣接してあるのが立沢公園です。

そして、その守谷テラスよりの広場にあるこちらのモニュメント。

石碑が4つに円が描かれています。

水滴が落ちた時の水の輪をイメージしているのでしょうか?

詳細はよくわかりませんが、この周りの地面から水がでてきます。

立沢公園の噴水から水が出る様子
噴水はこの写真の高さの倍以上にはなりますが、量としてはこのくらいです

水の量的には多くないので小さなお子さんから楽しめます。

リズムを刻むようにして、数箇所に空いた地面の穴から、プシュプシュと。

水の強弱もつけられ、常に一定ではないのがより子どもを引きつけますね。

この囲まれたスペースの中は、屋外プールでもみかけるような少し柔らかい素材になっていて、足にも優しい感じです。

とはいえ、裸足は禁止になっていますのでご注意を!

水を吸収してくれそうな地面になっているのかなと個人的には思っています。

お買い物ついでや、公園に遊びに来たなりゆきで・・・そして水遊びがしたくて立ち寄ったりと我が家ではここの噴水に大変お世話になっています。

日陰がないため真夏は暑すぎて長時間は難しいですが、このようなちょっとした水遊びができる場所は親としてはありがたいですね。

噴水の周りもかなりスペースがあるので、周りで水鉄砲などをして遊んでいる子もよく見かけました。

立沢公園は噴水をはじめ、公園にもたくさん遊具があるので、ママが守谷テラスで買い物中にパパが子どもと遊んで時間をつぶすことも容易にできます。

もちろん、逆もしかりです。

急ぎ足で買い物をしなくてはいけないということも減りそうですね。

立沢公園の水遊びができるのはいつからいつまで?

立沢公園の噴水の運転時間の看板

立沢公園の噴水が運転しているのは、上の写真の通りです。

ゴールデンウィークから9月末までの約5ヶ月間と1年の半分程度は利用することができます。

改めて確認すると、けっこう長い期間楽しめるようですね!

水が出ている時間は、20分動いて10分休んでの繰り返しを朝9時から16:20までになるので、時間を気にして行かなくても問題なさそうです。

噴水周りでは水鉄砲で遊ばれているお子さんも多いですよね。こういうの1個あると子どもは大喜び!↓


立沢公園の基本情報

所在地:茨城県守谷市久保ケ丘1丁目21番

駐車場:5台(郵便局横から入っていくとあります)

ここの駐車場が満車の場合は、守谷テラスの駐車場にとめると便利です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる