赤ちゃんのレッグウォーマーって代用できる?本当に必要なの?

赤ちゃんのレッグウォーマーの記事タイトル

最近、急に寒さが増してきましたね。

裸足がいいと言われている赤ちゃんの手足の冷えも気になってくるのではないでしょうか?

赤ちゃんの冷え対策の一つ、レッグウォーマーの必要性を感じられた方もいるのではないでしょうか。

まあや

でも、赤ちゃんグッズって買っても使わないこともあるし、買わなくてもすむならそのほうがいいですよね。

せっかく購入したのに使用しないともったいないですよね。

どの程度使うか分からないレッグウォーマーなら、身近なものでなんとかできれば助かります。

もしくは、安く押さえられたらお財布にやさしいですね。

この記事では赤ちゃん用のレッグウォーマーの必要性や、代用案についてまとめています。

目次

赤ちゃんにレッグウォーマーは本当に必要なの?

裸足の赤ちゃん

赤ちゃんには靴下よりもレッグウォーマーが最適!

レッグウォーマーではなく靴下じゃダメなの?と思われるかもしれませんが、赤ちゃんには靴下はあまり向きません。

まずはその理由について考えてみます。

赤ちゃんは手足で体温調節をしている

寒くても靴下を履いていない赤ちゃんって多いですよね。

赤ちゃんは、手や足の裏などで体温調整をしており、靴下を履いてしまうとうまく体温の調節ができなくなってしまうため、大人ほど靴下は必要ないと言われています。

ただ、赤ちゃんを抱っこするとひざ下がまるまる出てしまったりすることも多く、やっぱり真冬は寒そうですよね。

そんな時にまずは「レッグウォーマー」があると便利です。

レッグウォーマーなら足先が出るので、体温調節の妨げになりません。

レッグウォーマーをしていてもやっぱり足が冷たいということであれば、寒いということなので靴下

を履かせてあげるとよいです。

靴下は動きの妨げになる!

立ち上がろうとする赤ちゃん

赤ちゃんはまだまだ動きの練習をしている時期です。

ずりばいやハイハイ、立つ練習など、足でふんばることが増えてきます。

そのような時に靴下を履いているとうまく力がかからなくなってしまいます。

でも、レッグウォーマーであればこのような動作の妨げになることがなく赤ちゃんの成長に優しいということがいえます。

レッグウォーマーはどんな時に使うの?

赤ちゃんがレッグウォーマーを使うのに適している場面は寒い時期ばかりではありません。

寒さ対策

寒い室内で赤ちゃんが防寒している

冬の寒い時期のレッグウォーマーはご想像の通りかと思います。

膝から足首あたりまでが覆われているだけで全然温かさが違いますよね。

また、乾燥対策にもよいかもしれませんね。

冷房対策

レッグウォーマーは夏の時期の冷房対策にもなります。

ご自宅であれば、快適な室温で調整することができますが、冷房がよく効いているところに行くこともあるかもしれません。

赤ちゃんの体温調節機能は未熟なため、冷房による冷えも起こしやすいため夏でもレッグウォーマーが役立ちます。

日焼け・虫よけ対策

ベビーカーから足が出ている様子

抱っこ紐やベビーカーでのおでかけの際、足だけ出てしまうと日焼けや虫に刺されやすくなってしまいます。

このような時もレッグウォーマーが活躍します。

まあや

我が子は虫よけスプレーを使っていてもよく虫に刺されていました。

虫よけスプレーとレッグウォーマーを合わせて使用するとより刺されにくくなりそうですね。

レッグウォーマーを使う場面って実はたくさんあるんです

やっぱり1つは持っておくと便利かなと思います。

とはいえ、おでかけの頻度や服装によっては、使わない方もいらっると思いますのでご自身の生活環境を思い返しながら考えてみてくださいね。

赤ちゃんへのレッグウォーマーはいつから使う?

赤ちゃんがうつぶせでレッグウォーマーをしているところ

レッグウォーマーをいつからいつごろまで使うかは自由です。

冬の時期に合わせて使用する方もいますが、ずりばいやハイハイが始まった頃にサポーター代わりとして使い始める方も多くいます。

”膝当て”という商品も売っていますが、防寒や冷房対策にもなるレッグウォーマーが2役かってくれるならよいですね。

ご自身の生活スタイルを加味しながら、赤ちゃんの月齢に関係なく使用用途や季節に合わせて選びましょう。

まあや

新生児用から売っているので、いつからでも履かせられますよ。

赤ちゃん用レッグウォーマーの代用案

レッグウォーマーはやっぱりあったほうがいいと思われても、できるなら安くすませたくはないでしょうか?

赤ちゃんは遊びながら靴下をとってしまう子も多く、せっかくいいものを購入してもきちんと履いてくれるかもわかりません。

サイズが合わないと尚更です。

それも踏まえて、まずは身近にあるものやお安いものから使ってみてはいかがですか。

代用案①ママの靴下で作る

ママの靴下で作ったレッグウォーマー

履かなくなったママの靴下は、レッグウォーマーにぴったりです。

こちらの写真は、実際に作ったものでちょうど膝下から足首くらいのサイズ感で使っています。

【作り方】

ママの靴下を足首のところで切る。

折り返して縫い、中にゴムを通して完成です。

赤ちゃんがレッグウォーマーをはいた後ろ姿

簡単なつくりですが、かなり活躍しています。

まあや

日頃から裁縫をせず、ミシンも持っていない私でも簡単にできましたよ!

代用案②100均のものを使用

セリアのレッグウォーマー

ダイソーやセリアなどの100均では、子供用レッグウォーマーをみかけたことはないのですが、代用できるものはあります。

大人用のアームウォーマーやアンクルウォーマー、そして大人用のレッグウォーマーもサイズによっては赤ちゃんが使うことができます。

こちらは、大人用のレッグウォーマーカバーを使用しているようです。

ピッタリですね!!

また、かわいい大人用靴下を100均で見つけたらそれを先ほどのようにリメイクしてもいいですね!

赤ちゃんのレッグウォーマーって意外と安い?

先ほどのリメイク例をみて、やっぱり作るのは面倒・・・や、100均のレッグウォーマーがしっくりきたからかわいいのも履かせてあげたい!、など思われた方もいるのではないでしょうか。

レッグウォーマーはお店で選ぶと1足1,000円弱はしてしまうことも多いですが、実は探すと安いものもあります。

こちらは1足200円台で購入でき、5枚以上購入すれば送料は無料になります。

先に用意した代案のレッグウォーマーを赤ちゃんが履いてくれているからもう少しあってもいいかも、このくらいの値段なら購入したほうが早いかなという方は、ネットで購入してしまうのもありですね。

こちらのお店では5足以上の購入でないと送料無料にはならないため、一度は身近なもので代用して履きこなしやすいサイズなどの目安を理解してから、お子さんに合ったものを見つけてもよいかもしれません。

まあや

とはいえ、私は代用品のみでどうにかなっているので、ママやお子さんの生活にあった方法を試してみてくださいね!

赤ちゃんのレッグウォーマーは代用できる?のまとめ

赤ちゃん用のレッグウォーマーはいろいろなシーンで役に立ちます。

最初からよいものを購入しなくても、ママの靴下を使用して簡単に作ることや、100均で大人用のものから赤ちゃんにあったサイズのものを見つけることで代用できます。

レッグウォーマーをしている姿って赤ちゃんらしくてかわいいですよね。

代用品だけで赤ちゃん期を乗り切ることも可能だと思いますが、レッグウォーマーの使用頻度が多いようならかわいくて高価なものを購入してもよいですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる