シャトレーゼのエッグタルトのカロリーや口コミは?こだわり卵でやみつきに!

シャトレーゼのエッグタルトの記事タイトル

シャトレーゼから新たに2021年10月29日(金)に南池袋にオープンしたたまごスイーツ専門店「八ヶ岳のたまご」!

ここでの一押し商品の一つが”エッグタルト”だそうですね。

シャトレーゼは最近テレビでも話題にのぼることが多く、素材にもとてもこだわっている洋菓子店です。

今回の「たまごスイーツ専門店」から販売された”エッグタルト”についても、こだわりがたくさん詰まった商品かと思いますので、お味やカロリー、口コミなどについて調べてみました!

まあや

美味しくて低カロリーのお菓子が発掘できると嬉しいですよね。

目次

シャトレーゼのたまごスイーツ専門店「八ヶ岳のたまご」とは?

たまごの写真

シャトレーゼでは、2021年冬にプリンやシュークリームも鶏のエサから見直して商品化するほど、素材にこだわっています。

こちらの南池袋公園の近くにオープンしたたまごスイーツ専門店「八ヶ岳のたまご」では、シャトレーゼで初のたまごの専門店です。

シャトレーゼが独自に開発したプレミアムたまご「八ヶ岳の恵み」を使用した3種のお菓子の販売されています。

八ヶ岳のたまごと言うとシャトレーゼの高級路線をいく”YATSUDOKI”でも八ヶ岳の素材を使用しており、よく聞かれる方も多いのではないでしょうか。

先日放映されたテレビでは、その八ヶ岳の農場からとれたオレンジ色の黄身が印象的でした。

山梨県北杜市の豊かな環境にある農場で餌から見直され、できあがった「八ヶ岳の恵み」。

たまごってたまごかけごはんなどの生で食べると味の違いが本当によくわかりますが、こちらの「八ヶ岳の恵み」も想像するだけで食べたくなってきます。

シャトレーゼは卵に本当にこだわっているんですよね。

当初は、シャトレーゼもすでにほかの卵の専門会社から”液卵”を仕入れていたそうですが、そうすると購入した卵によって商品の出来栄えが変わってしまう。

そして、割ってかえあしばらくたったあとの液卵だと、膨らみがよわく膨張剤などの添加物が必要になってしまう。

そこを変えるために、シャトレーゼは直接契約農家から産みたての卵を仕入れ、商品を製造するすぐ横の割卵機で割るという工程にしたそうです。

このお客様思いの考え、たとえそのほうが美味しくなると分かっていても普通はそのまま実践にうつすことって中々できないはずですよね。

さらに、シャトレーゼのこだわりは専用卵を作るところまでいき、お菓子専用の卵黄の濃い卵や、香りやコクが豊かなプリン専用卵まで開発したのです。

そうしたこだわりぬいた卵を使用した卵スイーツの専門店が「八ヶ岳のたまご」です。

ここまでこだわったなら卵専門のスイーツ店を出店する理由がよくわかりますよね!

↓シャトレーゼのこだわりはこちらにもたくさん掲載されていました。

外観はこちらを参考にしてください。

シャトレーゼは国内に600店舗、海外にも100店舗以上出店していますが、今のところ、たまごスイーツ専門である「八ヶ岳のたまご」は南池袋公園近くの南池袋店1店のみです。

近くを訪れた方はぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

店名:八ヶ岳のたまご 南池袋店
住所:東京都豊島区南池袋2-24-1八大ビル1F
お問い合わせ:03-3981-0811
営業時間:10:00~20:00
交通アクセス:池袋駅39番出口より徒歩2分
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる